三浪リーマンの人生とサブカルとライフスタイルブログ

人生とサブカルとライフスタイルとブログ運営についてのブログです。

残業常連の僕がなぜ定時で帰れるようになったか考えてみた

f:id:citysan:20180830051445j:plain

あくまでも2018年現在通用している、ぼくの残業しないで定時に帰れるようになった方法をご紹介します。ちなみにぼくのビジネスマンとしての能力は中の下~下くらいだと思っていますので、能力に左右されることなく使える知識かと思います。なるべく、自助努力で、どんな人にも使えそうで、再現率の高いことだけ扱っていきます。では、行きまする!

 

 

残業して得るものと失うもの

残業して得るもの

・残業代

・評価者や企業風土によっては高い評価

 

残業して失うもの

・睡眠、健康、正常なメンタル

・自分の自由な時間

 

一応まとめてみるとこんなとこでしょうか。どちらが良いかはその人の価値観によりますね。選べる立場や環境にいない。そういうのもあるかもしれません。

 

f:id:citysan:20180830051508j:plain

(おらぁ、こんな風に摩耗していくなら、偉くなりたくねえなー)

睡眠を確保する

これスゲー大事ですよ。午前まで飲酒した次の日の朝、どうですか?頭正常に回ってますか?ぼくはダメですね。眠気もあるし、頭が回らない。睡眠を削る⇒午前中頭が回らず仕事の処理スピード下がる⇒午後に復活。だが終わりきらない⇒残業する⇒遅く帰宅。睡眠不足になる⇒午前中頭が回らず・・・という負の無限ループ地獄に陥ります。ぼくもかつてそうでした。無駄な残業するから、収入は増えるけどね!

会議には出ない

会議は時間を奪われるから嫌いです。自分に選択権があれば会議には積極的には出ていません。他にやることあるし。当然、出ざるを得ない会議もありますが。会議無駄ですよねー、何人分の時間浪費しているんだよ(笑) 議事録とるだけの役とかいるんかね?発言したり決定権なけりゃ出る意味ないと思うんですがね。会議って効率悪いし生産性悪いですよね。朝イチで会議とかふざけんなですよ。

午前中に難題に挑む

「あーめんどくせーなー」っていう仕事あるじゃないですか。こういうのは絶対優先順位高くして、午前中に全力で突破すべきです!午後は絶対ダメ。脳のリソースは有限ですので、仮眠で回復するとしても午前中ほどの元気は脳にはないと思うのです。なので、難題やアウトプット系は絶対午前中にやらなきゃいかんのですよ!

 

昼休みは昼寝する

昼寝しなくでも大丈夫な人もいますね。習慣もあるんでしょうけどね。ぼくの場合は、昼寝をしないと午後は仕事になりません。もう眠いったらありゃしねえ。いろんな本や記事を読んでいると、15分~30分くらい寝るのが良さそうです。昼寝する人は病気のリスクも減るという研究もあるようですし、寝ない手はないですね。

 

f:id:citysan:20180830072120j:plain

(ぼくも職場に寝泊まりしたり、徹夜していた時代もありました。意味なかったね)

 
電話しない

みなさん、自分の1回の通話時間を計っていますか?案外時間かかってますよ。やはりね、電話すると本題だけじゃなく無駄な世間話とかもしますよね。今必要じゃない別件とかね。電話受けるほうがいい迷惑なのはモチロンですが、電話する側もかなり時間ロスってますからね。今はメールや、企業によってはチャットもあるわけですから、活用したほうが効率あがると思いますよ。

 

仕事を止めない

ある程度制限時間を設けて、できたところまでで次にまわしちゃう。一つの仕事に時間かけすぎると他の業務にも支障きたしますしね。自分のところで仕事滞留させる意味ってありますか?70%の完成度から90~100%に仕上げるのには時間もエネルギーもかかるし。そもそも作成者の視点では気づかないから100%に仕上げるのは無理なのかもしれません。及第点でいいんですよ。やはりさっさと提出して、他の人の視点でチェックしてもらうのが100%への近道ですね。

 

明日でもいいことは明日する

言葉の通りです。それ絶対今日じゃなきゃダメですか?17時以降から始めるより、明日の午前中の脳で仕事にかかったほうが楽で早いですよ。

 

最後に

評価者の意識改革も必要でしょうし、残業代の問題も変えていく必要があると思います。あと、みなさん残業して健康を損なわないようにしてくださいね。メンタルもそう。若い人もそうですけど、子供がいる世代の方々はとくに。長生きしてください。働きすぎて早く死んだら、子供も悲しみますよ。過労で死ぬのは美徳じゃないですからね。企業のための人生なのか、自分のための人生なのか考えなきゃいかんすなぁ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

読者登録していただけると記事かくモチベーションになります!では!

 

こちらもオススメです

citysan.hatenablog.com

 

citysan.hatenablog.com

 

citysan.hatenablog.com