三浪リーマンの人生とサブカルとライフスタイルブログ

人生とサブカルとライフスタイルとブログ運営についてのブログです。

どうすれば人は幸せなのか~生まれた瞬間から死へのカウントダウン~

f:id:citysan:20181018054008j:plain

朝起きたときに、また一日死へのカウントが減ったと思ってしまった。

 

 

 

その一日はかけがえのない一日だったか

いやそうすべきだったのに。漫然のと過ごしてはいなかったか?一日一日が大事な一日なのに、今日眠りにつく前に、次の日朝起きたときに、「かけがえのない一日だった」と思いたい。

 

毎日を全力疾走で駆け抜けられるか?

難しい。できれば最高だけれど、自分の価値観としては、日々の精神状態やモチベーションを一定に保っていたほうが、集中できるし成果も上がると思っている。

 

毎日を全力疾走で駆け抜けることができる人も確かにいると思う。でも、そういう人は早死にしてしまう気がする。心臓が鼓動できる回数は決まっているのと同様に、人間のメンタル的な部分も実はそうなんじゃないかと思う。若くして才能がある人、いわゆる早熟みたいな人に多い気がする。才能豊かなミュージシャンで早死にする人ってそうなんじゃないだろうか。

 

どうすれば幸せなのか

昨日は仕事もかなり捗った。でも、それで「はい、仕事も終わったから、OK!」っていいんだろうか。毎日を無難にのりきり、週末まで頑張る。週末になればパーリーナイ!ってこともないが、まぁ買い物行ったり、外食したりする。あと映画を見たり。これに何の不満があるの?僕は億万長者の長者や若手実業者にでもなりたいのだろうか。いやいや、そんなんじゃない。普通が一番幸せだ。超裕福でもなく、超貧困でもなく、普通が一番難しいし、幸せだ。

 

じゃあ、何を望む?何も悪いことがない、何も事件がない、世間のニュースも悪いニュースがない、ただ早く帰って家族で飯を食う。そのあと、多少の時間を娯楽や趣味に費やす。何が不幸なんだろうか。いや、これこそが幸せなんじゃないだろうか。

  

最後まで読んでいただきありがとうございました。よろしければ読者登録お願いいたします。

 

では、また!