三浪リーマンの人生とサブカルとライフスタイルブログ

人生とサブカルとライフスタイルとブログ運営についてのブログです。

友人の訃報を聞いた

f:id:citysan:20180919201806j:plain

ある日友人の訃報を聞いた。詳しいことは分からないが、この世からいなくなってしまったことは事実らしい。

 

正直驚いた。こんなとき自分は語彙力がないなと思う。ただ「驚いた」以上に表現する言葉が出てこない。いや、むしろ的確かもしれない。悲しいよりも、ただ驚いたのだ。なぜなら、まだ死ぬような年齢ではないし、この前会ったときは健康そうだったから。

 

ちょうど、三島由紀夫が市ヶ谷駐屯地の演説全文を読んでいた。三島は演説への野次に対して繰り返し「静聴せい!静聴せい!」と鎮めようとするんだけど、野次は静まらなかった。三島はあのとき絶望したんだろうか。同じように死んだ友人も何かに絶望してしまったのだろうか。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。今となっては真実は闇の中だけど。

 

人間はいつ死ぬかわからない。だから、毎日を大事に生きたいと思うのです。同じように、会いたいと思ったときに、会いたい人に会おうと思った。後悔しないように。可能な限り、行きたいところに行って、やりたいことをやろうと再認識したのであります。

 

小さいころから身近な人の「死」に立ち会ってきたけど、「死」とは難しいテーマですね。誰か亡くなるたびに考えてみるけど、答えが出ない。「死」について明確な答えを持っている人なんていないのかもしれない、なぜなら生きている人で「死」を経験した人はいないから。想像で語るしかないできないもんな。メメント・モリ。これからも死を忘れず、全力で生きていきたいと思うのです。「宮本から君へ」ぐらい全力でね。

定本 宮本から君へ 1

定本 宮本から君へ 1

 

 

友よ、またいつか会いましょう。随分先のことにはなってしまうけれど。

 

こんな日にはA.R.Bのこんな曲を聴きたくなります。 

AFTER  '45

AFTER '45

  • A.R.B.
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

では、また。